Safecast

Arduinoで放射線線量計を作成するワークショップを開催!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

AAAサークルは、2015年10月10日、11日に開催された会津大学学園祭の催しの一環として「Arduinoを用いた放射線線量測定器をSafecastチームと共に作るワークショップ」を会津大学で開催しました。

参加費5万円は学生にとっては高額に思えますが、これらは全て部品代で、しかも初心者でも作れるよう先生がマンツーマンで指導してくれる至れり尽くせりな内容で行いました。
参加した学生の中には、研究室による金額の補助を行うところもあり、多くの学生に参加してもらいました!

 

【Safecastとは】
Safecastとは環境データを与え、人々に力を与えるプロジェクトです。Safecastは放射線レベルを地図上で表示し、センサーネットワークを築き、集積したデータを人々に自由に使ってもらえるよう提供しています。Safecastでは、誰でも組み立て、使用ができるGPS機能付き放射線線量計「bGeigie Nano(ビーガイギー・ナノ)」を提供しています。その活動はIAEA(国際原子力機関)でもプレゼンを行っており、世界で3つの会社でしか作れない国際基準を満たしたセンサーを使用し、国際的にも認められたプロジェクトを行っております。
Safecast公式サイト

【ワークショップについて】
今回のワークショップでは、Safecastの放射線量測定器bGeigie Nanoの組み立てワークショップと実際に放射線測定を行います。組み立てにはハンダ付けを行いますが、未経験者でもメンバーがサポートするため、大丈夫です。
ものづくりに興味のある方、自分で放射線線量計を作ってみたい方、SAFECASTに興味のある方など、いろんな方々に参加してもらいました。
ワークショップ体験レポート

【スケジュール】
10/10(土)Workshop Day 1
10:00 開会式
10:05 基調講演『Safecast -What’s Citizen Science-』ほかご講演
11:00 bGeigie Nano組み立て開始
17:00 組み立て完成!

1日目は日本Safecast代表のピーターさんに、Safecastの取り組みについてご講演していただき、そのままbGeigie Nanoの組み立てワークショップを行いました。
workshop01

10/11(日)Workshop Day 2
8:00 会津大学に集合
南相馬市へ移動
12:00 南相馬市内の計測活動など企画
18:00 会津若松市内で解散

2日目は南相馬の方へ行き、小高ワーカーズベースへ固定センサーの設置と計測活動を行いました。
南相馬へ行く途中には国道6号線沿いも通り、車の窓に昨日作成したガイガーカウンターを設置して計測活動を行いました。

safecast_univ

後日、このワークショップ主催を担当した当時会津大学学部2年杉井が福島民報さんに報道されました。

杉井さんのコメント:Safecastの活動は、ボランティア団体として世界で最も大きなオープンデータを生み出し、今後もさらなるデータ量の拡大が見込まれています。そうした取組みに、微力ながら尽力できたことをとても嬉しく思います。こうした取組みは、コンピュータを学ぶ学生にとって、知識や技術のスキルアップとなるのみならず、ボランティアや環境への意識を高揚につながる重要な取組だと思います。今後もSafecastの活動をはじめ、世界をより良い方向に変えていけるような取組に参加していきます。

参考リンク: 会津大生杉井さんがNPO団体「Safecast(セーフキャスト)」の活動について報告しました

作成したガイガーカウンターを使って南相馬の方へ計測活動を行いました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
公開日:2015年10月15日 更新日:2016-11-04 ©