ピアカウンセリング活動

平成28年度福島ピアカウンセラー育成講座(前期コース)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

6月18日(土)と19日(日)に、福島市の「チェンバおおまち」にてピアカウンセラー育成講座(前期コース)の前半が開催されました!
今回会津大学AAAサークルで参加したメンバーは、森本望さん(学部1年)と早坂健人さん(学部4年)の2名です!

前半では、効果的なカウンセラーになるための技術、感情との向き合い方、小集団を対象としたピアカウンセリングについて、セクシュアリティについて学びました。

最初にピアっ子として活動するために「ピアネーム」と呼ばれる本名とは違った”あだ名”をつけます。そうすることでいつもの自分とは違った自分でピアカウンセリングの場では活動することができます。

image

「ピアネーム」を発表する望さん

その後、アイスブレイクでは「ピアバスケット」を行い、今日初めて出会った仲間とともに楽しみました。

image

「ピアバスケット」で自己紹介をする健人さん

その後、人との価値観に関する討論を行い、

image

積極的な議論が交わされています

グループで話し合った内容をグループの意見として発表していました。

image

人前で話すのは恥ずかしいですが、自分のテンポで聞いている人たちも聞いてくれることに気が付き、人前で話すことに慣れていきます。

こうした活動を通して、自分自身の意見を見つけて相手に伝えるテクニックを学んだり、相手の意見を尊重しつつ、論理的に自分の意見も発言することの大切さを学び、グループとして成長していきます。

 

image

休憩時間にておやつタイム、、、

 

その後、感情とは何か学びます。
印象的だったことは、自分が活動をしているときに感じているはずの感情をとっさのインタビューで尋ねられるとなかなか答えることができないということです。

日常生活の中でも、自分はどんな感情を抱いているのか意識する機会は少ないのかもしれないと感じた瞬間でした。

ピアカウンセリングでは「自分を越えた相手の感情」を理解する必要があるため、こういった感情を理解する取り組みが大切なのです。

image

インタビューを受けて参加する全員に自分の感じたことを共有します。これもピアカウンセラーとしての必要なスキルです。

 

image

皆と協力して1つの作品づくりもやりました

 

image

会津大学以外の福島県内の大学生とも一緒に打ち解けることができました!

 

「会津大学には無い経験を出来たのでとても新鮮だった」(望さん)、「ビラを見て参加しようと決意したが、参加して良かった」(健人さん)と言ってくれました。
ちなみに、サークル部長杉井雄汰さん、太田海斗さんも先輩ピアとして参加しました。

7月2日(土)、3日(日)に後半が行われますので、2人の活躍にご期待下さい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
公開日:2016年6月30日 更新日:2016-12-18 ©